「セキュリティ向上のためにApple IDのパスワードを変更したいのですが、操作方法がわからず変更できないままです。Apple IDのパスワードを変更するために必要なiPhoneの操作方法を教えてください。」App Storeからのアプリインストール時やiCloudへのサインインなどApple IDのパスワードを必要とする場面は多々あります。セキュリティの面から見て定期的にパスワードを変更することは推奨されるでしょう。今回はApple IDのパスワードを変更する方法について紹介します。合わせてパスワードが変更できない場合の対処法についても記載しています。

Apple IDとは?

Apple IDとは、Appleが提供するサービスで共通して利用できるアカウントです。iPhoneユーザーであれば初めてiPhoneをセットアップした際に、Apple ID を作成してパスワードを設定しています。

たった1つのApple IDを持つだけで、App StoreやiCloudなど各種サービスが利用出来て重宝しますが、その分パスワードの管理には注意を払わなければなりません。

Apple IDのパスワードを変更する方法

早速Apple IDのパスワードを変更する方法を見ていきましょう。

iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watchのパスワードを変更する

iPhoneやiPad、iPod touchまたはApple WatchはApple IDパスワードを変更する操作手順がほぼ同じです。ここではiPhoneを例に挙げてApple IDパスワードを変更する操作手順を解説します。

  • 01「設定」を開き「ユーザー名」をタップします。

    windows サイン イン パスワード なし netplwiz
  • 02「パスワードとセキュリティ」を選びます。

    windows サイン イン パスワード なし netplwiz
  • 03「パスワードの変更」を押します。

    windows サイン イン パスワード なし netplwiz
  • 04現在のパスワードと新しいパスワードを入力して「変更」をタップするとApple IDのパスワード変更が完了します。

Macのパスワードを変更する

MacからApple IDパスワードを変更することも出来ます。この場合は、現在のパスワード以外にMacのログインパスワード入力も必要となります。

  • 01Appleメニューから「システム環境設定」をクリックします。

    apple id パスワード 変更 Mac
  • 02「Apple ID」を押します。

    apple id パスワード 変更 Mac
  • 03「パスワードとセキュリティ」を選びます。

    apple id パスワード 変更 Mac
  • 04「パスワードを変更」を選択します。

    apple id パスワード 変更 Mac
  • 05Macのログインパスワードを入力して「許可」を押します。

  • 06現在のパスワードと新しいパスワードを入力して「変更」をクリックして完了です。

Webサイトからパスワードを変更する

ブラウザを使いApple IDのサポートページからパスワードの変更も可能です。iOSデバイスやMacが近くに無い状態でApple IDのパスワードを変更したい場合に最適な方法でしょう。

  • 01Apple IDとパスワードを入力してappleid.apple.comにサインインします。

  • 02「サインインとセキュリティ」をクリックします。

    apple id パスワード 変更 ウェブサイト
  • 03「パスワード」を選びます。

    apple id パスワード 変更 ウェブサイト
  • 04現在のパスワードと新しいパスワードを入力して「パスワードを変更」をクリックします。

    apple id パスワード 変更 ウェブサイト

Apple IDのパスワードが変更できない場合はどうする?

ここまでご紹介したApple IDのパスワードを変更する方法では、既に設定しているパスワードの入力が必要になります。設定済みのパスワードが不明な場合、Apple IDのパスワード解除には違う方法を取る必要があります。

普段パスワード入力の代わりにFace IDやTouch IDを使っているためApple IDのパスワードを忘れてしまったという方も少なくないでしょう。これから、Apple IDのパスワードが変更できない場合の対処法を2つ解説します。

PassFab iPhone UnlockerでApple IDを削除する

iOSデバイスのロック解除に特化したPassFab iPhone Unlockerなら、既に設定してあるパスワードを入力することなくApple IDを削除できます。WindowsとMacの両方で使用でき、最新のiOS 15にも対応しています。Apple IDのパスワードを忘れてしまった、または中古で購入したiOSデバイスに前使用者のApple IDが残っていた場合などに素早くApple IDを削除できる使いやすいツールです。

  • 01公式ホームページからPassFab iPhone Unlockerを無料ダウンロードしてパソコンにインストールします。

  • 02PassFab iPhone Unlockerを起動して「Apple IDを削除」を選択します。

    Apple ID 削除 PassFab iPhone Unlocker
  • 03iOSデバイスをUSBケーブルでパソコンに繋げます。

    Apple ID 削除 PassFab iPhone Unlocker
  • 04「削除開始」をクリックするとApple IDが削除されます。

    Apple ID 削除 PassFab iPhone Unlocker

まとめ

既存のApple IDパスワードがわかる場合のパスワード変更方法とApple IDパスワードが不明な際の対処法をお伝えしました。ご自身のApple IDを守るためにもパスワードは定期的に変更しましょう。Apple IDのパスワードが不明な場合はPassFab Apple ID削除ルールを利用したApple IDの削除をおすすめします。ほぼ全てのiOSデバイスとPCシステムに適用できる汎用性の高いツールです。公式ホームページでは使い方ガイドとチュートリアルビデオの閲覧が可能、技術サポートも受けられるため初めての使用でも問題ありません。シンプルなインターフェイスと操作が特徴です。