【2020年新版】Excel シートの保護を解除する対策まとめ

仕事でエクセル シートを編集しようと思うときに、うまくシートを編集できないことがありますか。そんな場合はExcel シートがパスワードで保護されている可能性があります。エクセル シートを自由に編集できるよう、どうやってエクセル シート 保護を解除しますか。この記事ではExcelワークシートの保護パスワードを知っている場合、及びExcel シートのパスワードがわからない場合に、それらのシート保護の解除方法をご案内します。いくつか方法があるので自分の都合のよって、出来そうな方法を選択してください。

エクセル シートのパスワードを解除する方法

方法1:「ホーム」タブからExcel シート 保護を解除する

最初のExcel シート 保護 解除の方法は、「ホーム」タブを使う方法です。注意するには、この方法でExcel 2013 シートの保護を解除したいならパスワードの入力が必要なのです。

  • 01「ホーム」タブをクリックし、「セル」グループの中から「書式」を選びます。
  • 02書式のメニュー一覧が表示されるので、下の方にある「シート保護の解除」を選択します。
  • 03エクセル シートのパスワードを入力して、エクセル シートのパスワード保護が解除します。

    「書式」からエクセル シート 保護 解除

方法2:「ファイル」の情報で保護解除を選択する

別のエクセル シートの保護解除の方法は、「ファイル」タブを使う方法です。

  • 「ファイル」タブの一覧から「情報」をクリックします。
  • すると右側にアクセス許可の項目が出てきますから、その中の「保護解除」を選んでください。

    「ファイル」からエクセル シートの保護 解除

方法3:「校閲」タブからシート保護の解除をする

「校閲」タブからもエクセル シートの保護パスワードを解除できます。以下の通り:

  • 01画面の上にある「校閲」タブをクリックします。
  • 02続いて変更に関係したグループが表示されるので、シート保護の解除を選択してください。
  • 03この操作でシートに設定されていたパスワードロックを解除できます。

    シート保護の解除

方法4:zipファイルに変更して、エクセルシートの保護を解除する

別のエクセル シートのパスワード保護を解除する方法として、zipファイルへ変更することができます。zipファイルへの変更をするには、ファイル名の拡張子をzipへ変えるだけです。

  • 01シートがロックされているファイルをクリックして、ファイル名を変更するモードへ切り替えます。
  • 02それから元の拡張子xlsxをzipに変更します。zipという拡張子になります。

    拡張子xlsxをzipに変更
  • 03拡張子を変更したなら、zipファイルの中を覗き、「xl」ファイル>「worksheets」>「sheet1」の順にファイルを開きます。

    • zipファイルを開き、「xl」ファイル>をクリックします。

      「xl」ファイルを開く
    • 「xl」ファイルに入り、「worksheets」ファイルを開きます。

      「worksheets」ファイルを開く
    • 「worksheets」ファイルを開き、「sheet1.xml」ファイルがあります。

      「sheet1」ファイルを開く
  • 04シートの保護を解除したいシート名「.xml」を右クリックしてメモ帳で開きます。

    「.xml」をメモ帳で開く
  • 05「sheetProtection.......」を含むラベルを削除してファイルを保存します。

    ラベルを削除
  • 06削除したファイルの拡張子からzipを消して、もとのxlsxの拡張子にします。

ご注意: これでエクセル シート保護のパスワードロックを解除できますが、シートの中の情報が破損してしまう可能性があります。

方法5:パスワードなしでExcel シートのパスワード保護を解除する

上記にExcel シートのパスワードがない場合、ファイルの拡張子を変更することでExcel シートの保護を解除できますが、操作方法は少し難しいかもしれません。Excelシートパスワードが覚えていませんが、エクセル シートを編集したいときに、PassFab for Excelを使用するのがお勧めです。

PassFab for Excelは、強力的なExcelパスワード解除ソフトとして、パスワードが忘れても、「Excelパスワード制限を解除」機能を活用して、迅速かつ効率的にエクセル シートのパスワード保護を解除することができます。それに、Excelシートの情報を損失する心配がないし、エクセル パスワードを解除する操作がわかりやすいし、初心者でも簡単にExcelパスワード解除ツールを使って、エクセル シートの保護を解除することができます。

そこで、PassFab for Excelを使って、excel シートのパスワードを解除する方法を紹介します。まず、PCでPassFab for Excelをダウンロードして、起動します。

ステップ1:PassFab for Excelで「Excelパスワード制限を解除」タブをクリックします。

PassFab Excel シート 保護 解除

ステップ2:「+」追加ボタンをクリックして、Excelシートのパスワードで保護されたファイルをインポートします。

Excel ファイルをインポート

ステップ3:Excelファイルをインポートしたら、「解除」ボタンをクリックして、数分後、Excel シートの保護が完全に解除します。

シートの保護を解除

なお、PassFab for Excelのエクセルシート保護を解除する使い方は、次の動画でも説明しています。

最後に

エクセル シートの保護を解除したい場合は、上記の五つの方法を試してみてください。方法1~方法3を利用するには、エクセルシートの保護 パスワードをわかるのが前提条件です。パスワードなしでExcel シートの保護を解除する方法はいくつかありますが、一番簡単なのはPassFab for Excelを使うことです。シートの中の情報を削除せずに、画面の指示に従いながらワンクリックでパスワードを解除していけます。シート内の情報も保護されるので安心です。

なお、Excel シートの保護を設定する方法がわからない場合は、この記事【Excel シートの保護を設定する使い方】をご参照ください。

Updated on / Posted by 日向晶也 to Excel について / Follow @日向晶也

コメント

製品についての質問がございましたら、 ご連絡ください> >