PassFab for Excelのご利用ガイド

PassFab for Excelは、忘れたまたは紛失されたパスワードを正確かつ即座に復元し、ロックされたExcel ブックまたはワークシートを解除する優れたソフトウェアです。

まず、コンピュータにPassFab for Excelを無料にダウンロードしてインストールします。

パート1: Excelの開くパスワードを回復する

ステップ1:PassFab for Excelを起動

PassFab for Excelをダウンロードして、起動します。そして、「Excelファイルの開くパスワードを回復」をクリックします。

passfab for excelからExcelファイルの開くパスワードを解除

ステップ2:暗号化されたExcelファイルを追加

「Excelファイルをインポート」をクリックして、パスワードで保護されたExcelファイルをインポートします。そのあと、暗号化アルゴリズムとパスワードの複雑さを自動的に検出します。

passfab for excelからExcelファイルを追加 passfab for excelからExcelファイルを開く

ステップ3:エクセル パスワード回復モードを選択

パスワード回復パターンのリストに辞書攻撃、類推攻撃、総当たり攻撃が順に並んでいます。辞書攻撃はデフォルトの選択肢ですが、必要に応じて、選択してください。

1.辞書攻撃について

いつ使用するか: 使用したパスワードが少しわかっていて、それがExcelファイルのパスワードである可能性がある場合は、それらをtxtファイルに入れてPassFab for Excelにインポートすると、自動的に正しいパスワードが検出されます。パスワードがわからない場合は、プログラムによって最新のパスワード辞書が提供されます。

使用方法: 辞書攻撃を選択すると、横側にある「設定」をクリックして、ソフトウェアから構築された最新のパスワード辞書をダウンロードできます。

passfab for excelから辞書攻撃を選択してエクセル パスワードを解除

辞書攻撃設定で、「辞書をダウンロード」ボタンをクリックして、最新のフルサイズ辞書のダウンロードを開始します。「はい」をクリックして、ソフトウェアの実行を開始します。

passfab for excelから辞書攻撃設定 passfab for excelから辞書をダウンロード passfab for excelから辞書がダウンロードされました

例えば: 考えられるすべてのパスワードをテキスト文書に入れ、その文書をPassFab for Excelに挿入し、ソフトウェアを実行してパスワードを取得します。そうでなければ、内蔵の辞書からパスワードを回復します。

2.類推攻撃について

いつ使用するか:この攻撃モードは、長さ、文字、接頭辞、接尾辞など、パスワードに関する手がかりを知っている場合に最適です。強くお勧めします。

使用方法: 類推攻撃を選択し、横側にある「設定」をクリックして、忘れたパスワードに最適な組み合わせを設定します。設定が終了したら、「はい」をクリックし、前の画面に戻り、「開始」を選択して、パスワードの回復が開始します。

passfab for excelから類推攻撃を選んでExcelパスワードを解除 passfab for excelの類推攻撃の設定

例えば:パスワードが「8」、「h」、「_」を含む5桁の数字で、最初の文字が「h」であるとすると、以下のように設定してください:

  • パスワード最小長: 1
  • パスワード最大長: 6
  • すべての小文字 (a-z): h
  • すべての数字: 8
  • 特殊記号([email protected]#): _
  • 接頭辞: h

これらを設定すると、より速くパスワードを取り戻すことができます。

3.総当たり攻撃について

いつ使用するか: 失くしたExcelファイルのパスワードがわからない場合は、これが最後の選択肢ですが、最低限ではありません。パスワードについて何も思い出せない場合は、よく使われている方法です。

使用方法: 総当たり攻撃を選択し、「開始」をクリックして、excel パスワード回復を実行します。

passfab for excelから総当たり攻撃を選択してExcelパスワードを解除

ステップ4:エクセル パスワードが成功に回復

プログラムはexcel パスワードの回復作業が開始します。数分後に、正しいパスワードがポップアップに表示されます。

passfab for excelからexcelパスワード解除作業が開始 passfab for excelからexcelパスワードが見つけた

パート2: Excel パスワード保護を解除する

ステップ1:PassFab for Excelをインストール

PassFab for Excelをインストールして、起動します。「Excelパスワード制限を解除」を選択します。

passfab for excelからExcelパスワード制限を解除

ステップ2:Excelファイルをインポート

追加ボックスが表示されたら、「Excelファイルをインポートしてください」をクリックして、Excelファイルを追加します。 次に、「解除」ボタンを押してパスワードの削除を開始します。

passfab for excelからExcelファイルを追加 passfab for excelからExcelファイルを開く

ステップ3:Excel パスワード 解除を開始

Excelファイルを追加して、「解除」ボタンを押してパスワードの削除を開始します。

excel パスワードの解除作業が開始

ステップ4:Excelパスワード保護を解除

最後に、数秒待つと、パスワード制限が削除されます。 「フォルダを開く」ボタンをクリックすると、テキストの先頭に同じ名前の新しいファイルが表示されます。ファイルは同じですが、パスワードに制限はありません。

Excelパスワード保護を解除
このページはお役に立ちましたか?