PassFab for ISO - ISO ファイル 書き込みの操作ガイド

システムのアップグレード中にブルースクリーンで立ち往生しますか? 起動可能なディスクを作成するか、Windows システムを再インストールしますか?PassFab for ISOは、ワンステップでダウンロードできるISOファイルを提供し、ワンクリックで起動可能なディスクを作成できるため、これらの問題を効果的に解決できます。PassFab for ISOを使用して起動可能なディスクを作成するための詳細なガイドを次に示します。

Step 1: ISO ファイルのダウンロード

PassFab for ISOをインストールして起動します。メインインターフェイスから、1つのWindows システム ISOファイルを選択してダウンロードします。

PassFab ISO ファイル 書き込み

また、[ファイルのアップロード]をクリックして、独自のISOファイルをインポートすることもできます。

ISO ファイルをインポート

重要: PassFab for ISOはダウンロードリソースのみを提供し、Windows OS システムのアクティベーションをサポートしていません。

Step 2: USB/CD/DVDを選択

USBドライブまたはCD/DVDを挿入して選択します。ここでは例としてUSBを選択します。次に、[ディスクパーティションの種類]オプションで1つ選択します。そして、[焼く]ボタンをクリックします。

起動可能なディスクを作成

提示: ディスクパーティションの種類がわからない場合は、推奨されるデフォルトのディスクパーティションの種類を選択できます。または、インターフェイスの下部にあるリンクをクリックして、ディスクパーティションとは何かを確認します。

USB内のすべてのデータが消去されることを通知するウィンドウがポップアップします。確認してから、[はい]をクリックします。

USBを書き込む

Step 3: ISOファイルをディスクに書き込む

ISOファイルの書き込みに時間がかかります。お待ちください。

ISOファイルの書き込みを待つ

これで、起動可能なディスクが正常に作成されました!

起動可能なディスクを正常に作成

Next Step: Windows システムを再インストール

ステップ 1: Windows OS システムの再インストールが必要なコンピューターにUSBを挿入します。

ステップ 2: コンピュータを再起動し、ブートオプションを押してブートメニューを表示します。

ブートメニューに入るキーは、メーカーによって異なります。 一般的なブートキーは次のとおり:

Boot Key デスクトップ
メーカー
ノートパソコン メーカー 自作パソコンのマザーボード
F12 Lenovo、Acer、ASUS、HP、Hasee、Haier、THTF、eFound Samsung、IBM、Fujitsu、GIGABYTE、Gateway、Emachines、ThinkPad、Lenovo、Acer、 Dell、Hasee、TOSHIBA、Haier、eFound、THTF、MSI、eMachines GIGABYTE、FOXKPC、Intel
F11 MSI MSI、Colorful、Asrock、ONDA、ECS、FOXKPC
F10 ASL
ESC Dell ASUS、Sony SOYO、Spark、UNIKA、ECS、MAXSUN、Jetway、Jwele
F9 HP、BenQ BIOSTAR
F8 ASUS、BenQ ASUS、YESTON、Jwele
Optionキー長押し Apple

ステップ 3: インターフェースのガイドに従って、起動デバイスを選択します。

起動デバイスを選択

ステップ 4: システムインストールプロセスを開始し、システムガイドに従ってインストールしましょう

システムインストールプロセスに入る
このページはお役に立ちましたか?