PassFab for PPTのご利用ガイド

PassFab for PPTは、パワーポイント向けの専門的なパスワード回復ツールとして、暗号化プレゼンテーションのパスワードを回復または削除できます。マルチコアCPUとNVIDIA GPU技術を採用することで、パスワード検索スピードをアップし、素早くパワーポイント パスワードを回復することが可能です。

下記の操作手順に従って、最適な攻撃タイプを選択し、暗号化されたPPTファイルのロックを解除します。

ステップ1:暗号化されたPPTファイルをインポート

PassFab for PPTをインストールし起動します。そして、ポップアップウィンドウで辞書ライブラリをアップグレードする必要があることを示す。この手順は必要であり、少し時間がかかります。

add file

「追加」をクリックして、パスワードでロックされたPPTファイルをインポートします。

open file add file path

ステップ2:最適なパスワード攻撃タイプを選択

パスワード回復パターンのリストに辞書攻撃、類推攻撃、総当たり攻撃が順に並んでいます。状況によって、適切な攻撃モードを選択して、設定を定義します。

1.辞書攻撃

パスワードを検出するためのデフォルトもーどです。自身で頻繁に使用するパスワードがターゲットのPDFパスワードである可能性がある場合は、パスワードによく使用される一般的な文字をテキストファイルに入れて、辞書攻撃の横側にある「設定」を選択し、「辞書を追加」をクリックして、よく使用されるパスワードのファイルを追加します。プログラムは正しいパスワードをすぐ探し出します。

dictionary attack settings

ノート: 辞書ライブラリのアップグレードを示すポップアップウィンドウがあります。 この手順は必要であり、しばらく時間がかかります。

upgrade dictionary

2.類推攻撃

長さ、数字、文字など、PPT パスワードについて何か手がかりを覚えていれば、この攻撃モードをお進みします。類推攻撃では、パスワードの最小長、最大長、英数字、特殊記号、接頭辞、接尾辞などの指定をできます。

mask attack settings check frequently-used lowercase

3.総当たり攻撃

総当たり攻撃は、パスワードを取り戻すための重要で最後の手段です。このモードを選択した場合、考えられるすべてのパスワードの組み合わせが試行されるため、少し時間がかかります。

ステップ3:パスワードの回復を開始

「開始」をクリックして、パスワードの検出が開始します。プロセスが完了したら、プログラムを終了し、パスワードを使用して、ロックされたPPTファイルにアクセスします。

start recovering

回復中に、プロセスを中止することが許可され、スキャン結果が自動的に保存されます。 しばらくすると、PPTパスワードを見つけてポップアップに表示されます。

password found

これで、見つけたパスワードを使って、暗号化されたファイルにアクセスできます。