中古 iPhone アクティベーション ロックが解除可能な対策

「新品のiPhoneは高くてなかなか手を出せない…」という人が真っ先に目をつけるのは、フリマアプリやネットオークションかもしれません。Apple公式サイトや携帯キャリアショップで買うよりも安く入手ができますし、手軽に手続きができる点が魅力です。

ですが、そうして入手した中古のiPhoneを起動してみると、「アクティベーションロック」と表示されて操作ができないといった報告をよく耳にします。こうなってしまうと、前の所有者の協力が得られない限り、せっかくのiPhoneも「文鎮」以上の役目を果たせません。本記事では、中古のiPhoneを購入する際の注意点、および「アクティベーションロック」状態から抜け出すための方法についてご紹介します。

1.中古のiPhoneを購入する際の注意事項

「アクティベーションロック」とは、端末に紐づけられたApple IDを利用して、例えば盗難時や紛失時に所有者本人以外のアクセスを封じるための機能です。これにより、例えば悪意ある第三者が拾った(盗んだ)iPhoneをiTunesに繋いで初期化を行ったとしても、所有者のApple IDが分からないので「アクティベーションロック」画面から先に進むことはできません。

よって、もし所有者が端末を売却するとなった場合には、Apple IDとの連携を解除する必要があります。次の所有者(中古でiPhoneを買おうと思っている人たち)が起動したとき、アクティベーションロックが発動してしまうと新しく使用を開始することができませんからね。

ネットオークションでは、この操作がされずに出品されている中古iPhoneが紛れ込んでいることがあります。これを見極めるためには、以下の3ステップを実行しましょう。

①iPhoneでシリアル番号や IMEI を確認する

買おうと思っている中古iPhoneにアクティベーションロックがかかっているかどうかを調べるためには、シリアル番号やIMEI(製造番号)といった情報が必要です。シリアル番号はiPhoneの[設定]>[情報]から、IMEIはSIMケースからそれぞれ確認することができます。まずは気軽に出品者に問い合わせてみましょう。

②アクティベーションロックを確認する

さて、シリアル番号(またはIMEI)を入手したら、今度はiUnlockerというサイトにアクセスしましょう。まず、入力ボックスにシリアル番号またはIMEIを打ち込み、[Check]ボタンを押してください。具体的な操作方法については、以下の記事を参照してください。

中古iPhone アクティベーションロック 解除

参考記事: iPhoneのアクティベーションロックを確認する方法

③中古のiPhoneがリセットされているかどうかを確認する

アクティベーションロックが解除されていることが確認できたら、あとは端末のデータが残っていないかどうかも確認してもらいましょう。

もしてデータが残っている場合は、設定から[一般]>[リセット]と開き、[すべてのコンテンツと設定を消去]を実行してもらえばOKです。

中古のiPhoneがリセット

2.中古iPhoneのアクティベーションロックを解除する裏ワザ

ここまで、購入予定のiPhoneがまだ前の所有者の手元にある場合の、いわば予防策について説明してきました。しかし、もう既に購入してしまって、後からアクティベーションロックがかかっていることに気付いた場合はどうでしょうか。

「もう取り返しがつかない」と絶望している方も多いかもしれませんが、実はこの状態でもアクティベーションロックを解除できる裏技が幾つかあります。一つずつ見ていきましょう。

2.1 遠隔操作でアクティベーションロックを解除する

前の所有者と連絡が取れる場合は、iCloudの「探す」機能を使うと、遠隔操作でアクティベーションロックがかからないようにしてもらうことができます。

  • まず、前の所有者にお願いしてiCloudの「探す」ページにアクセスしてもらい、Apple IDとパスワードを入力後、サインインしてもらいます。

    中古iPhone アクティベーションロック 解除
  • サインインすると、そのApple IDに紐づけられた端末の位置情報を示す地図が表示されます。画面上部の「すべてのデバイス」というところをクリックし、その人のiOS端末一覧から売却したiPhoneを選択してもらいます。

  • 選択したiPhoneの情報が出ます。このうち、「iPhoneを消去」をクリックしてもらいます。

  • ポップアップが出るので、ここで[消去]をクリックすると、iPhoneのデータが遠隔で消去されます。

  • 消去後、もう一度iPhoneの情報を見てみると、「消去済み」と表示されていることが分かります。今度は[アカウントから削除]を実行してもらいます。

  • 先ほどと似たようなポップアップが出ますが、ここで[削除]をクリックしてもらうことでアクティベーションロックが外れます。

    中古iPhone アクティベーションロック 解除

2.2 中古 iPhoneを脱獄してアクティベーションロックを解除する

残念ながら前の所有者と連絡が取れない場合は、脱獄ソフトを使ってみるのも一つの選択肢です。PassFab Activaiton Unlockerはその一つで、脱獄の代償として一部の機能(通話、モバイルデータ通信、iCloud)が使えなくなるものの、アクティベーションロックを強行突破してiPhoneを使用可能な状態にすることができます。「文鎮」状態から手っ取り早く脱出するには最も良い方法だと言えるでしょう。

  • まず、PassFab Activation Unlockerをダウンロードします。メイン画面が開いたら、右下の[開始]ボタンをクリックします。

    PassFab アクティベーション ロック 解除
  • 次に、注意事項を確認し、Lightningケーブルを使ってiPhoneとPCを繋げます。

    デバイスをパスコンに接続
  • 脱獄ツールのダウンロードが自動的に開始します。

    脱獄ツール ダウンロード
  • そして、USBドライブをパスコンに挿入して、Windowsで脱獄実行環境を構築します。

    脱獄実行環境を構築
  • 「脱獄ツールをインストールすると、USBフラッシュドライブ内のすべてのデータが消去されます。続行してもよろしいですか?」という画面で「はい」をクリックして、脱獄ツールの実行環境をUSBに書き込み始めます。

    USドライブ内のすべてのデータが消去
  • 脱獄の実行環境の書き込みが完成したら、デバイスを脱獄する方法を確認して、デバイスを脱獄します。

    iOS デバイス 脱獄
  • 脱獄に成功したら、デバイス情報を確認し、[解除開始]をクリックして、iCloud アクティベーションロック解除作業を行います。

    デバイス情報を確認
  • しばらくすると、中古iPhoneのアクティベーション ロックが正常に削除されますので、[完了]をクリックします。これで、iPhoneまたはiPadを再設定することができます。

    アクティベーション ロック 解除 中古

③Apple サポートの助けを求める

最後になりますが、アクティベーションロックにかかってしまったらApple サポートの助けを求めるのも良いでしょう。元々自分のiPhoneで、単にApple IDやパスワードを忘れてしまった場合はこちらで解決できることが多いです。ただ、中古品のiPhoneだと正規の入手方法ではないため、問い合わせをしても対応してくれる見込みは薄いでしょう。やはり中古の場合はPassFab Activation Unlockerのような脱獄ソフトを使ったほうがよさそうですね。

まとめ

以上、iPhoneを中古で買う前の確認事項、およびアクティベーションロックがかかったiPhoneを買ってしまった場合の対処方法についてご紹介しました。まだ買う前であればIMEIなどの情報を頼りにトラブルを未然に防ぐことができます。

また、既に買ったiPhoneにアクティベーションロックがかかっていることが判明したとしても、売り手と連絡が取れれば遠隔で外してもらうことができます。万が一連絡が取れない場合は、本記事でも紹介したPassFab Activation Unlockerのような脱獄ソフトをお試しください。

Updated on / Posted by 吉川伊之助 to iCloud Tips / Follow @吉川伊之助

コメント

製品についての質問がございましたら、 ご連絡ください> >

iPhoneの便利な裏技