「iPadは使用できません」と出た場合の対処方法

お使いのiPadに、突然「iPadは使用できません」というエラーが表示されたという経験はありませんか?このエラーが表示されている間は緊急SOS以外の機能が使用不可となり、非常に不便です。本記事ではこの「iPadは使用できません」エラーの原因および対処方法についてご紹介します。

「iPadは使用できません」エラーが表示される原因

このエラーが表示されるのは、多くの場合、以下の二つが原因です。

原因① iPadのパスコードを忘れた

ほとんどの方がiPadにパスコードを設定していると思います。パスコードといっても、最近はFace IDやTouch IDを使用するのが一般的で、数字によるパスコードを入力する機会はそれほどないかもしれません。

しかし、例えばバッテリー切れなどでiPadを再起動した後、初回のロック解除時にはFace IDもTouch IDも使えません。ここで受け付けてくれるのは数字によるパスコードのみです。さて、ここでパスコードがどうしても思い出せず、を何度も入力することはできますが、その後はiPadが使用不可となります。

原因② 画面の誤操作による不正なパスコード入力

あるいは、タッチパネルの不具合で勝手にスリープモードが解除され、間違ったパスコードが何回も入力されることもあります(これを「ゴーストタッチ」といいます)。この場合もパスコードを思い出せない場合と同じく、6回目以降は例のエラーが表示され、使用不可となります。

「iPadは使用できません iTunesに接続」が表示された時の対処法

さて、「iPadは使用できません」はパスコードの入力ミスが原因であることが分かりました。しかし、一定回数間違えると今度は「iPadは使用できません」の後に「iTunesに接続」という文言が追加され、永久に使用不可となります。

この状態を解除するためには、iPadを一旦初期化しなければなりません。もしバックアップデータがなければすべてのデータを失うことになりますので、予めご了承ください。

パスコードの入力を何度か間違えると

6回間違えた時点では1分間のペナルティでしたが、次(7回目)も間違えてしまうと今度は「5分後にやり直してください」という文言に変わり、更に(8回目)間違えると「15分後にやり直してください」、その次(9回目)も間違えると「1時間後にやり直してください」…と、使用制限時間が加算されていきます。

そして10回間違えると「iPadは使用できません iTunesに接続」と表示されます。この場合、もういくら待ったとしてもパスコード入力画面が開くことはなく、表示にある通りiTunesに繋ぐしか手段はなくなります。

対処1:iTunesに接続して、iPadを復元する

「iTunesに接続」とあるので、まずは指示に従ってiPadをiTunesに接続してみましょう。もし過去に一度でもiTunesと接続したことがあれば、最初にバックアップを取ってから初期化を行うことが可能です(データの損失はありません)。

  • 01まず、Lightningケーブルを使って、いつも通りにiPadをパソコンと接続します。

  • 02iTunesが開き、自動同期がオンになっている場合は自動的にバックアップが作成されます(オフの場合は手動で[今すぐバックアップ]をクリックしてください)。

    ipad バックアップ 取る
  • 03バックアップ完了後、続けて[iPadを復元]を選択します。

    iPad 復元
  • 04ポップアップが表示されるので、ここで[復元]をクリックします。

    iPad 復元
  • 05最新のiOSをダウンロード後、iPadの初期化が始まります。

  • 06初期化が終わると、iTunesの画面が切り替わります。メニューから「このバックアップから復元」を選択し、[続ける]をクリックしてください。

  • 07数分すると、iPadの画面に「ようこそ」と表示されます。データは元のままで、パスコードロックが解除された状態でお使い頂けます。

対処2:リカバリーモードでiPadを初期化する

過去にiTunesと同期したことがない場合は、iPadをリカバリーモードにしてからiTunesに接続しましょう。

  • 01まず、お使いのパソコンにiTunesをインストールしましょう。

  • 02次に、iPadを以下の方法でリカバリーモードにします。

    iPad リカバリーモード
  • 03このようにしてiTunesに認識されたiPadを選択すると、次のようなウィンドウが表示されます。二つの選択肢のうち、[復元]を選択してください。

    iPad リカバリーモード 初期化
  • 04「工場出荷時の設定に戻してもよろしいですか?」と表示されたら、[復元とアップデート]ボタンを押してください。

  • 05するとiPadの初期化が始まりますので、しばらく待機します。

  • 06初期化が完了したら、新しいiPadとして設定を行ってください。

対処3:iCloudでiPadをリセットする

さて、エラーには「iTunesに接続」とありますが、仕組みとしてはiPadの初期化さえできればいい訳です。iPadの他の初期化方法としては、iCloudの「探す」機能があります。本来はiPadを紛失したり盗難に遭ったりした時のための機能ですが、この場合にも有効です。

ただし、この機能は本体の設定のほうで「iPadを探す」がオンになっていなければ使えないことに注意してください。

  • 01まず、iCloudの「探す」ページにアクセスし、Apple IDとパスワードを入力してサインインします。

  • 02Apple IDに紐づけられているデバイスの現在地を示す地図が表示されます。画面上部の「すべてのデバイス」というところをクリックし、デバイス一覧から該当するiPadを選択します。

  • 03選択したiPadに対する操作オプションが表示されたら、「iPadを消去」というところをクリックします。

  • 04ポップアップが表示されます。ここで、[消去]をクリックすると、iPadのデータが遠隔で消去されます。

  • 05初期化が終わったら、iTunesを使った方法と同様に初期設定を行いましょう。

    iPad リセット iCloud

対処4:PassFab iPhone UnlockerでiPadを初期化する

iTunesやiCloud以外の初期化方法として、iPhoneやiPadの修復を専門としたソフトウェアの使用があります。日本語に対応していなかったり機能が多すぎて使いづらかったりするソフトが多い中、PassFab iPhone Unlockerは完全日本語対応かつシンプルな機能で操作しやすいのが特徴です。

PassFab iPad 解除 ツールは、数分で画面のパスコードロックを解除することが可能です。iTunesやiCloudのような複雑な操作も不要なため、IT機器に不慣れな方は、まずこちらをお試しになったほうがよいでしょう。

  • 01まずはPassFab iPhone Unlockerを起動して、メイン画面の[画面ロックを解除]機能を選択します。

    Passfab ipad ロック 解除
  • 02次に、「iPadは使用できません」エラーが表示されたiPadをPCに接続します。[開始]ボタンが表示されるので、そちらをクリックしてください。

    iPadをPCに接続
  • 03次に、保存先を指定し、[ダウンロード]ボタンを押して、パスコード解除に必要な最新のiOSファームウェアをダウンロードします。

    iOSファームウェアをダウンロード
  • 04ファームウェアがダウンロードされたら、[ロック解除]ボタンを押して、iPadを初期化します。

    iPadロック解除
  • 05パスコードの解除に成功すると、次のような画面になります。iPadを開き、パスコードを再設定してください。

    iPad ロック 解除 成功

iPadの初期化後、バックアップからデータを復元する

リカバリーモード、iCloud、PassFab iPhone Unlockerを使った方法では、初期化時にバックアップを取ることができません。そのため、初期化した後には過去のバックアップデータから復元を行う必要があります。

なお、バックアップを取ったことがない方は、本記事で紹介した初期化によってすべてのデータを失ってしまったことでしょう。今後、二度とパスコードを忘れないようにするのが一番ですが、万が一のこともありますのでバックアップは取るようにしたほうがよいです。そこまで難しくありませんので、以下の方法を参考にしてください。

iTunesでバックアップを取る

パソコンをお持ちの場合は、iTunesでバックアップを取ることをオススメします。

  • まず、iTunesをインストールした状態のパソコンとiPadを接続し、iTunesを起動させます。

  • ここで、iPadの画面に「このコンピュータを信頼しますか」と表示されますので、[信頼]をタップします(パスコードを設定している場合はそちらも併せて入力してください)。

  • iTunesがiPadを認識し、画面上に「新しいiPadへようこそ」と表示されます。選択項目がある場合はそちらにチェックを入れ、[続ける]→[開始]をクリックしてください。

  • 画面の左上にiPadのマークが表示されますので、こちらをクリックします。

  • iPadの情報(最大容量、電話番号等)の画面に切り替わったら、「バックアップ」という項目にある[今すぐバックアップ]をクリックします。しばらく待機していると、自動的にバックアップが作成されます。

    iPad バックアップ iTunes

iCloudでバックアップを取る

逆にパソコンをお持ちでない場合はiCloudでバックアップを取るとよいでしょう。では、やり方です。

この方法の注意点として、バックアップを取るにはWi-Fiに接続する必要があること、およびバックアップできるデータの量に制限があることの二つが挙げられます。5GBまでの容量であれば無料ですが、それ以上のデータを保存したい場合は有料となります(参考:50GBで130円/月)。特に写真・動画は容量が大きいため、iCloudでバックアップを取る場合は課金が前提となることを予めご了承ください。

  • まず、iPadをWi-Fiに接続し、[設定]→一番上の[(ユーザー名)]→[iCloud]とタップしていきます。

  • [iCloudバックアップ]をオンにし、[今すぐバックアップ]を実行します。あとは自動でバックアップを作成してくれるので、完了するまで待機するだけです。

    iPad バックアップ iTunes

まとめ

本記事では、iPadに「iPadは使用できません」と表示されてしまう原因、およびその場合の対処方法についてご紹介しました。パスコードの入力ミスを一定回数繰り返すとこのエラーが表示されますが、10回に到達するとiPadを初期化しない限りは永久に使用不可となります。

この場合、iTunesやiCloud、そしてPassFabパスコード解除ツールが有効ですが、パソコン初心者の方には最も操作が簡単なPassFab iPhone Unlockerを使った方法が一番オススメです。なお、今までバックアップを取ったことがないという方は、本記事の最後に紹介した方法を参考にバックアップデータの作成にトライしましょう。

Updated on / Posted by 吉川伊之助 to iPhone ロック解除 / Follow @吉川伊之助

コメント

製品についての質問がございましたら、 ご連絡ください> >

iPhoneの便利な裏技