「iPhoneは使用できません iTunesに接続 」となった場合の対処方法

「iPhoneは使用できません iTunesに接続」になった時、画面をタップしたりスクロールしたりしても反応がなく、電源を一旦切って再起動してもまたこの表示が出てきて、iPhoneは使えなくなります。最近、このような被害に遭ったという方をネット上でよく見かけます。本記事では、iTunesでのやり方も含めて、この「iPhoneは使用できません iTunesに接続」という状態になった場合の原因とその対処方法を幾つかご紹介します。

iphone 使用できません itunesに接続

「iPhoneは使用できません iTunesに接続 」と表示された原因

実は、iPhoneにはパスコード入力を一定回数ミスするとしばらく操作できなくなるという仕様があります。例えば6回間違えると1分間、7回間違えると5分間、8回間違えると15分間…と、回数が増えればそれだけ使えない時間も長くなり、最終的には10回間違えた時点で「iPhoneは使用できません iTunesに接続」と表示されます。

こうなってしまった原因は誰かのいたずらか、機器の問題であるかの二択です。特に後者はよくあることで、iPhoneをポケットなど擦れやすい場所に入れておくと静電気がタッチパネルに反応して勝手にパスコードを入力してしまい(これを「ゴーストタッチ」と言います)、これが10回繰り返されて例の画面に…というのが冒頭の例です。

もちろん、落下の衝撃や水没によるセンサーの故障もゴーストタッチを引き起こします。聞くところによると、熱を帯びたバッテリーの膨張もセンサーに影響を与えるようです。原因は様々ですが、このようにしてパスコードを10回間違えたとiPhoneが判定することによって、「iPhoneは使用できません iTunesに接続」と表示されてしまう訳です。

「iPhoneは使用できません iTunesに接続」と表示された場合の対処方法

さて、この「iPhoneは使用できません iTunesに接続」画面から解放される唯一の方法ですが、それはiPhoneを初期化することです。残念ながら他に方法はなく、日ごろから小まめにバックアップを取っていない場合はデータを諦めることになります。また、バックアップを取っている場合でも最後のバックアップからこの画面になるまでの間のデータは取り戻せませんので、予めご了承ください。

一口に「初期化」といっても幾つかバリエーションがありますので、以下ではそれぞれご紹介していきます。

対処1:iTunesの復元からiPhoneを初期化する

まずは最もポピュラーなiTunesを使った初期化方法です。過去に一度でもiTunesと接続して同期を行ったことがある場合は、この方法で一度初期化を行い、直近のバックアップデータから復元を行うことができます。

ただし、この方法には条件があり、iCloudの「iPhoneを探す」という機能がオフである必要があります。普段iCloudをお使いの方はこの「iPhoneを探す」がオンになっていると思いますので、ここは飛ばして次に紹介する方法を参照してください。

「iPhoneを探す」をオフ
  • まず、Lightningケーブルなどを使ってiPhoneをPCに接続します。

  • 次に、iTunesを起動します。

  • iPhoneが認識されると左上のほうにiPhoneアイコンが表示されますので、そこをクリックしてください。

  • iPhoneの管理画面が開いたら、[iPhoneを復元]を選択しましょう。

    iTunesからiPhoneを初期化
  • すると、次のようなダイアログが表示されます。[復元]をクリックしてください。

    iTunesからiPhoneを初期化
  • 初期化が終わったら、「このバックアップから復元」を選択し、[続ける]をクリックしてください。

対処2:iCloudの「iPhoneを探す」からiPhoneを初期化する

先程も述べた通り、「iPhoneを探す」がオンの場合はiTunesを使った方法は利用できません。その代わり、iCloudの機能を利用して遠隔からiPhoneを初期化することができます。

  • まず、iCloudのサイトにアクセスし、Apple IDとパスワードでサインインします。

  • iCloudにサインインしたら、右下の「iPhoneを探す」を選択します。

  • 「iPhoneを探す」を開いたら、画面上部の「すべてのデバイス」というところをクリックし、デバイスのリストから該当するiPhoneを選択します。

  • 「iPhoneを消去」というところを選択してください。

  • 「このiPhoneを消去しますか」と表示したら、[消去]をクリックしてください。

  • Apple IDのパスワード入力や紛失時用の電話番号・メッセージ入力などを終えると、iPhoneの初期化が開始します。

  • 初期化が終わったらiPhoneを開いて初期設定を行います。

    「iPhoneを探す」からiPhoneを初期化

提示: なお、iCloudにバックアップが保存されている場合は、初期設定の「Appとデータ」という画面で復元を行ってください。

対処3:iPhoneをリカバリーモードにして強制初期化する

次に紹介するのは、iPhoneを「リカバリーモード」という状態にして初期化を行う方法です。iTunesを使うという点では①の復元と同じですが、こちらはバックアップを取っていない場合やパスコードを忘れてしまった場合にも有効であるという点で異なります。なお、こちらも「iPhoneを探す」がオフでないと使えませんので、オンの場合は②のiCloudを使った方法をお試しください。

  • まず、iPhoneを以下の方法でリカバリーモードにしましょう。

  • 電源オフスライダが表示されるまでサイドボタンと片方の音量ボタン(上げる or 下げる)を同時に押し続けます。

  • 次に、スライダをドラッグしてiPhoneの電源を切り、サイドボタンを押したままPCに接続してください。

  • iPhoneがリカバリーモードになるまでサイドボタンは放さないでください。

  • このようにしてiTunesに認識されたiPhoneを選択すると、次のようなウィンドウが表示されます。二つの選択肢のうち、[復元]を選択してください。

  • 「工場出荷時の設定に戻してもよろしいですか?」と表示されたら、[復元とアップデート]を選択してください。

  • するとiPhoneの初期化が始まりますので、しばらく待機します。これで初期化は完了です。

  • バックアップを取っていないためデータは失われてしまいますが、新しいiPhoneとして設定することでお使いいただけます。

対処4:iTunesを使わずにiPhoneを初期化する【一番簡単&迅速】

最後に、PassFab iPhone UnlockerというiPhoneパスコード関係の修復専用ソフトを使った方法についてご紹介します。特筆すべきは、何といってもその操作の簡単さです。このiPhone ロック 解除 ツールを使用する上でユーザーがすることと言えば、基本的に表示されるボタンを押していくだけですので、誰でも簡単に初期化を行うことができます。また、「iPhoneを探す」がオンでもオフでも利用可能なため、初期化の条件について難しく考える必要はなく、すぐに実行することができます。

》Step.1

まずはPassFab iPhone Unlockerをインストールしましょう。メイン画面が開いたら、左の[画面ロックを解除]を選択します。

Passfab iPhone パスコード 解除

》Step.2

次に、USBケーブルなどを使ってiPhoneをPCに接続してください。[開始]ボタンをクリックします。

iPhoneをPCに接続

》Step.3

ファームウェアは自動的に検出されるので、保存先を指定後[ダウンロード]ボタンを押してください。

[ダウンロード]ボタンを押す

》Step.4

ファームウェアのダウンロード後、[ロック解除]ボタンを押して初期化を行います。

iPhone 初期化

》Step.5

iPhoneの初期化が終わると、次のような画面になります。ソフトを終了させ、iPhoneのほうで初期設定を行ってください。

iPhone 初期化 成功

まとめ

ここまで、「iPhoneは使用できません iTunesに接続」と表示された場合の対処方法について紹介してきました。こうなってしまうとiPhoneを初期化しなければならないのですが、その初期化方法にはiTunesやiCloud、そしてPassFab iPhone Unlocker のようなソフトウェアといった選択肢がありましたね。普段からiTunesで同期を行っている場合は画面の指示通りiTunesに繋げることで復元できますが、そうでない場合の方法としてはPassFab iPhone Unlockerが最も手軽で簡単でしょう。iPhoneが突然この状態になるとパニックに陥るかもしれませんが、まずは落ち着いてください。PassFab iPhone Unlockerは、あなたがiPhoneを再び使えるようお手伝いします。

Updated on / Posted by 吉川伊之助 to iPhone ロック解除 / Follow @吉川伊之助

コメント

製品についての質問がございましたら、 ご連絡ください> >

iPhoneの便利な裏技