Windows環境でiOS デバイスを脱獄する方法

  • アクティベーションロックを解除する前に、デバイスを脱獄する必要があります。
  • 脱獄する前に、まずPassFab Activation Unlocker Windows版を使用して、USBに脱獄環境(Checkn1x)を構築する必要があります。
  • 次に、USB上に作成された脱獄環境(Checkn1x)を使用して、iOS デバイスを脱獄します。
  • このチュートリアルでは、iOS デバイスを脱獄する方法を段階的に詳しく説明します。

Part 1. Windowsでデバイスを脱獄する前の準備

PassFab Activation Unlocker Windows版を使用して、脱獄環境(Checkn1x)がUSBにインストールされていることを確認してください。

Part 2. WindowsでiOS デバイスを脱獄する詳細ガイド

手順1:脱獄環境へのブートメニューを起動

  • USBドライブをコンピューターに接続したままにして、コンピューターを再起動し、ブートメニューが表示されるまでブートキー「F12」を押し続けます。

    press f12

    注意: ほとんどのコンピューターでは、ブートメニューのショートカットキーはF12です。F12が機能しない場合は、コンピューターに一致する正しいブートキーを検索する必要があります。ブートキーについては、メーカーや機種によって異なります。以下は、起動オプションに一般的に使用されるいくつかのショートカットキーです。

    ブートキー デスクトップ メーカー ラップトップ メーカー 自作パソコンのマザーボードブランド
    ESC Dell ASUS, Sony MAXSUN, UNIKA, SUPOX, Spark, SOYO, EPOX, UNIKA, Jetway, J&W, Colorful, ECS, SOYO, FOXCONN
    F8 ASUS, BenQ ASUS, YESTON, J&W
    F9 HP, BenQ BIOSTAR, GUANMING
    F10 ASL
    F11 MSI MSI, ASRock, ONDA, Colorful,ECS, Gamen, Topstar
    F12 Lenovo, HP, Acer, Hasee, eFound, THTF, Haier Thinkpad, Dell, Lenovo, TOSHIBA, Samsung, IBM, Acer, Hasee, Haier,eFound, THTF, GIGABYTE, Gateway, eMachines GIGABYTE, Intel, Cthim, SOYO, FOXCONN, Gamen, Topstar

    ブートメニューに入ることができない場合は、BIOS/UEFIに入って、ブートオプションの設定を変更してください。したがって、LinuxでCheckra1nを実行できます。詳しくは以下の記事をお読みください。

  • 起動オプションウィンドウで、PassFab Activation Unlockerを使用して脱獄環境(Checkn1x)を作成するUSBドライブを選択します。

    choose the usb
  • コンピューターに次のように表示される場合は、既に脱獄環境(Checkn1x)にあります。

    entered checkn1x environment successfully

手順2:Checkn1xでデバイスを脱獄

  • 次のような画面が表示されたら、iOSデバイスをコンピューターに接続します。キーボードの矢印キーを使用してオプションに移動し、Enterキーを押して脱獄ツールを設定します。

    select opptions to set the jailbreak tool
  • 設定画面で、矢印キーを使用して、「Allow untested iOS/iPadOS/tvOS versions」を選択し、Enterキーを押します。

    select allow untested ios ipasos tvos versions
  • 「Skip A11 BPR check」チェックに移動し、Enterキーを押します。

    select skip all bpr check

    注意:

    • 「Skip A11 BPR check」オプションを選択する必要があるのは、iOS 14を搭載しているiPhone8/8 Plus/Xのみです。
    • iOS 14を実行しているiPhone8/8 Plus/Xにパスコードが設定されている場合は、脱獄の前にデバイスがフラッシュされていない限り、脱獄することはできません。
  • 次に、[Back]に移動し、Enterキーを押して、メインインターフェイスに戻ります。

    select back to return to main interface
  • [Start]ボタンを押して、デバイスの脱獄が開始されます。

    hit start button to start jailbreaking your ios device
  • 脱獄するには、デバイスがDFUモードに入る必要があります。[Next]を選択して、プログラムがデバイスをDFUモードに導きます。

    select next enter dfu  mode
  • [Next]を選択すると、Checkn1xはデバイスを自動的にリカバリモードにします。

    select next
  • iOS デバイスがリカバリモードになったら、[Start]をクリックします。次に、checkn1xのガイドに従って、デバイスをDFUモードにします。

    select start recovery mode
  • デバイスが正常にDFUモードに入ると、checkn1xは自動的にデバイスを脱獄します。脱獄プロセスが完了したら、[Done]を選択し、USBを取り外します。

    select done

Part 3. 脱獄に成功した後、iCloud アクティベーションロックを解除する方法

  • コンピュータを再起動してください。コンピュータは自動的にWindows OS システムに入ります。そして、PassFab Activation Unlockerを使用して、iCloud アクティベーションロックを回避します。
  • PassFab Activation Unlockerの使用ガイドに移動して、アクティベーションロックを解除する方法を確認してください。

提示:

Tip 1: 脱獄プロセスが行き詰まった場合:

別のUSBフラッシュドライブを交換して、もう一度脱獄してみてください。

iOSデバイスとコンピューターを再起動し、脱獄を再試行します。

Tip 2: 脱獄に失敗した場合:

コンピュータホストの背面にあるUSBポートにデバイスを再接続して、再試行してください。

Tip 3: iOS14システムを搭載したiPhone8 / 8 Plus / Xデバイスの場合:

アクティベーションロックを解除した後は、これらのデバイスの画面パスコードを設定しないでください。さもないと、デバイスは脱獄前の状態に戻ります。

Tip 4: iOS14.2システムのiOSデバイスは脱獄できない場合:

iOS 14.2システムを搭載した一部のデバイスを脱獄するときに、Checkn1xは、[Error code-92]のプロンプトでデバイスの脱獄に失敗したことを報告する場合があります。しかし実際には、デバイスは正常に脱獄されています。引き続きPassFab Activation Unlockerを使用して、アクティベーションロックを解除します。 (iOS14およびiOS14.1を搭載したデバイスにはこの問題はありません。)

Tip 5: USBフラッシュドライブをフォーマットまたは書き込むことはできない場合:

PassFab Activation Unlockerを使用してUSBフラッシュドライブに脱獄環境を作成した後、USBフラッシュドライブをフォーマットして書き込むことができない可能性があります。組み込みのディスク管理ツールを使用して、USBフラッシュドライブをフォーマットします。